障害年金を受給するための3つの要件

こんにちは。佐世保市のみなとまち社会保険労務士事務所、労務士の長濱です。
今回は障害年金についてです。
年金にはいくつか種類があり、老齢年金、遺族年金、この2つは割とよく知られているかと思うのですが、障害年金については実はあまり知られていないという事実があることをご存じですか?

障害年金は、何らかの病気や障害の状態になった方が請求し、要件に該当すれば受給できる年金です。
請求しなければもらえない年金であるということを理解していなければなりません。

ここでは、3つの要件をご紹介します。
まずは、この要件にあてはまるかどうかが大事になってきます。

1.初診日要件
病気やケガで初めて病院にかかった日のことで、カルテ等で証明できることが多いです。

2.保険料納付要件
一定額以上の年金を納めていることが求められます。

3.障害状態要件
主治医の診断書を中心に判断されることが多く、身体障害者手帳や精神障害者保健福祉手帳を持っているかどうかは関係がありません。(手帳を持っていても要件に該当しないケースもあります)

障害年金は請求しないと受給できないため、
本来ならば障害年金がもらえるはずなのに・・・という方がまだまだ多くいらっしゃいます。

障害年金が本当に必要とされている方に届くことを願っています。

障害年金が受給できるかどうか、佐世保市の社会保険労務士がご相談をお伺いします。
お問い合わせはこちらから