人材不足が社会問題となり、採用に力を入れている企業が増えてきています。
人材不足の解決方法は、採用、なのでしょう。間違えではないと思います。

しかし、人を採用していけば人材不足は解消されるのでしょうか?

大事なことを、忘れていませんか?

穴の開いたバケツからは、どんどん水が流れ出ていきます。

つまり、穴の開いた会社組織からは、人がどんどん退職していくんです。
もしも、会社が人材不足に悩んでいるのであれば、まずは今、社内にいる社員のことを大事にしませんか?
そして、社員に会社を好きになってもらい、会社への定着力をアップさせる努力を続けていきましょう。

社員の謎の退職が立て続けに起こり、どうしていいかわからないなら・・

「なぜかわからないが、最近、社員が立て続けに退職していき、どうしたらいいか困っている」

もし、そのようなお悩みがあるのであれば、バケツ(組織)に穴が開いているのかもしれません。
早急にふさぐように行動しましょう。

社員の定着力アップを目指す、たった2つの方法

経営人財会議

「アットホームな会社です」という表現は、実は、求人原稿でのNGワードだとご存じでしたか?
理由は、アットホームな会社は、わざわざそんなこと言う必要がないからです。
(しかも、アットホーム=ウザいの?、というイメージを持つ若い人がある一定数いるという説もあるとのこと…)

しかし、ちょっと前までは、『本当の意味でのアットホームな会社』というのは存在しました。
本当の意味での、というのは何なのか。

つまり、「距離感が近く、よく理解している」ということです。
コミュニケーションがよく取れている会社、と言いかえることができるでしょう。

「コミュニケーションなら、取る努力はしている!」
そんなお声も聞こえてきそうですが、実際は、思うようにうまくいっていない会社もあるようです。

それは、なぜなのか。
これがおそらく影響しています・・・よね?

コミュニケーションを取ろうとすると、ハラスメントと言われる問題